最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

ブログ

第一位はイギリスでした

2008.03.21

こんにちは。



ワーキングホリデーを利用してオーストラリアへ渡航する日本人は毎年約10000人で・す・が、

他国はどれくらいかご存知ですが?



【2006年度ワーキングホリデーでオーストラリアを訪れた国別ランキング】



第三位、アイルランド!へぇー。

約12500人。

ほぉー。





第二位、韓国!意外!

24000人。

(゚Д゚≡゚д゚)多ッ!?





第一位は…









イギリスー!

その数約29000人。(日本の約、3倍!)

ふぅぁふぅぁ。





ここまでイギリスの数が多いのは、オーストラリアがイギリスの植民地だったように歴史的なつながりなどもあるのかと思いますね。



また、イギリスは物価も、失業率も高く、雨の多い気候などが影響して自国を離れたいと考える若者が多いのでは。



以前、ワーホリ中に出会ったイギリス人が言ってました。



「オーストラリアはイギリスに比べたら生活に好条件だからさっ。」って。





ということで、オーストラリアでは世界中の人々と出会うチャンス!

一生に一度の最高な経験を☆





ツアー















■国際コミュニケーションセンター

http://www.icc2004.jp/



■オーストラリア専用サイト

http://www.icc2004-au.com/

一覧に戻る

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ