最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報記載に努めておりますが、急な発表・変更に伴い記載に誤差が出てしまう場合もございますのでご理解下さい。

注意2

国、ビザの種類により、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せください。

            

                サイトシール

   

留学保険とは?

海外留学で長期滞在する場合は、留学保険の加入が大切です。

留学保険は、現地生活中に起こる病気や怪我の治療から、盗難・賠償などのトラブルまでを補償するものです。海外生活では気候、文化、生活習慣、食事、などが日本と異なる分、体調を崩しやすいです。海外旅行ですら急な事故・トラブルで警察にお世話になる人、急な病気・怪我で病院にお世話になる人が多数います。それが長期の留学・ワーキングホリデーともなればその分事故にあう、病気になる、事件に巻き込まれる可能性は高くなりますので、留学目的、期間に適した保険にはいることが大切です。
よくご質問で、「日本の保険は使えますか?」「クレジットカードの保険でいいですか?」というご質問がありますが、やはり留学専用の保険とは補償範囲、メリットが変わってきます。簡単に留学保険の基本なポイントをご案内致します。

補償範囲の低い格安留学保険の注意点

留学保険は「保険料=補償範囲&補償額」となり、よって「安い=補償が少ない」ということは忘れないでください。これが保険料が安くなる単純な理由で、補償内容の何らかを削ってプラン構成が出来ています。それにより、現地でいざ保険を使うとなった際に、補償が少ない、補償外だったというケースも起こります。

長期留学の方は保険期間も長くなるので、安い保険をと考える気持ちは分かります。ただ、あまりに格安な保険の構成は、最も大切で使用頻度の高い「治療費用」の限度額が100~300万円程度というものもあり、この限度額だけでは治療が高額な海外生活では大きな事故による怪我・病気など、万が一の緊急事態にはとてもまかないきれません。

保険の原則は不測の事態から自分の生活を守ることです。日本と主だった留学国の物価はそんなに大幅には変わりません。よって相応の保険料のプランを選ぶことが大切です。

格安保険の特徴

  • 賠償などの補償が無く補償範囲が狭く、補償金額の限度額が十分でない。

    ⇒治療が受けられない。もしくは足りなければ現金で負担する。

  • セット保険でもよく確認すると省かれている補償項目がある。

    ⇒確認不足だと、使用する時になってその補償がないことに気づく。

※留学先国で入れる現地保険プランにはかなり安いものもあります。ただ、中にはまずは立て替え(キャッシュレス制度のないもの)、使用の度に自己負担金がある(免責義務)、英語対応のみといった、よく把握しないと分からないデメリットもあるので、加入前には十分に補償内容を確認することが大切です。

「治療費用」の金額は最低でも1000万円を目安にすることをお勧めします!

持ち物についての補償の違い

「生活用動産」と「携行品」の違い

携行品とは、海外生活中に持ち歩いていたカメラが盗難にあってしまったなどの場合に補償されるものです。その名の通り携行していることが原則になります。一方、生活用動産とはその補償枠を更に広げ、アパートや借家の部屋に置いてあったパソコンが盗難にあった場合でも補償対象となり、1点についての補償額も大きくなります。

生活用動産と携行品の比較表

  生活用動産 携行品
事故例 (アパート・借家) (寮・ホームステイ)
ホームステイ先の部屋でパソコンが盗難に遭った
アパートに保管していたパソコンが盗難に遭った ×
旅行先の宿泊ホテルでデジタルビデオカメラなどが盗難に遭った

ビザ申請.COMの特徴

留学保険を扱っている会社は数多くありますが、そのほとんどが各種保険商品のみを専門にしている会社で、その一つに留学保険を商品として加えております。ビザ申請.COMを運営している国際コミュニケーションセンターは留学サポートを長年専門としてきた会社です。担当スタッフも10年近くの経験があります。やはり車の保険に入るならば、やはり車屋さんに相談して頼むのが一般的ですし安心ですよね。

「留学の保険は、留学専門の会社で!」これが一番安心かと思います。

「ビザ申請.COMのサポート」

  • 長年の経験・データから、一人一人の留学スタイルに合った留学保険をご提案

  • 渡航後もご本人様はもちろんのこと、ご家族からのお問合せにも対応

  • 大手保険会社4社の取り扱いがあり、プランは約80パターンと選択肢が豊富

  • 必要頻度の高いオプションをレギュラープランに組み込んだオリジナルプランも完備

この機会にビザ申請.COMに留学保険のご相談をされてみてください。
※既にビザを取ってしまったという方も、HPに訪れていただきましたので留学保険だけのお申込・お問合わせにも対応致しますのでお気軽にお申し付け下さい。

保険会社紹介

ビザ申請.COMのお勧めする4つの保険会社

留学保険を扱う保険会社は無数にあります。あまりにも多過ぎても何が良いか判断がしにくく、単に安さだけで選びがちです。そこで留学をする上で大事な項目をクリアにしている保険会社4社に絞り、選択しやすいように致しました。留学保険ではこの4社がお勧めで、特長の違いもあるので比較しやすいようになっております。

  • ジェイアイ保険

  • 東京海上保険

  • 損保ジャパン日本興亜

  • 三井住友海上保険

経験豊富な専任スタッフが一人一人に合ったプランをアドバイス致します。保険に関することはお気軽にご相談下さい。ビザと同時申込が大変便利ですので是非ご利用下さい!

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ