最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

ワーキングホリデービザ

カナダワーキングホリデービザ申請代行

2018年度ビザ申請代行サポートのお申込み受付中!

現は2018年度の申請リスト登録が開始されています。

 

『申請についての重要なご案内』

2017年度は「過去5年以内に外国に6ヶ月以上滞在歴がある方」を対象とした追加書類(滞在国発行の無犯罪証明書など)の指示が多く出ています。
滞在国によってはその書類取得に時間がかかったり、難しい場合もございます。そうなると申請を中断したり、断念するケースもございます。よって、滞在経歴がある方は事前に書類取得が可能かを調べておくことが得策です。代行サポートをお申込み頂く前に必ず一度ご連絡下さい。

  • ワーキングホリデービザ申請代行申し込み

  • ご質問フォーム

カナダワーキングホリデービザ申請について

申請条件

  • 日本の国籍を有すること

  • 年齢が申請の時点で、18歳以上30歳以下であること

  • 以前にワーキングホリデービザ許可通知書の発給を受けていないこと

  • 最低2,500カナダドル相当の資金を有していること

  • 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

  • 250カナダドル(大使館指定レートで円換算)のIEC参加費と就労許可費の支払い

  • 扶養家族を同行しないこと

  • カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと

募集人数と時期

人数:6500名

時期:2017年11月3日より、2018年度分の登録開始

申請に必要なもの

  • IEC(ワーキングホリデープログラム)オンライン申請 (当社で代行)

  • 就労許可証申請書 (当社で作成)

  • 家族構成フォーム (当社で作成)

  • 有効なパスポートの写真ページと入国スタンプのあるページのコピー
    ※最低1年以上、カナダ出国予定日より1日長い有効残存期間があること
    ※最終ページを除き最低1ページの空白ページがあること

  • 6ヶ月以内に撮影した45mmx35mmの写真1枚

  • 英文履歴書 (当社で作成)

  • クレジットカード ※申請代金支払いのため。ご自身名義でなくても可。

  • 申請内容によって健康診断が必要な場合あり

  • 過去5年以内に外国で半年以上滞在した方は、滞在国発行の無犯罪証明書が必要な場合あり
    ※書類の取得は滞在国の警察が管轄になるため、基本的にご自身で取得となります。
    ※取得代行も別途追加料金で対応可能場合もございます。(対応国は限られます)

  • 海外留学保険加入証明(弊社取り扱い留学保険に加入して頂くと、当社で作成)
    ※規定上、ビザ取得には保険加入が必要です。適した留学保険を厳選しておりますので、代行サポートをご利用頂く方には原則保険に加入して頂きます。

『保険加入についての大使館規定の抜粋』
入国審査において、カナダ滞在全期間をカバーする医療保険の加入を問うことがあります。カナダへ出発する前に適正な保険に加入をして下さい。保険に加入していない場合、正式なビザが下りない場合があります。保険加入期間が12ヶ月未満の場合、保険期間に合わせた就労許可証となる可能性があります。この場合、後で就労許可証の期限延長は出来ません。

※オーストラリア長期滞在者への追加書類について

クイーンズランド州またはビクトリア州にワーキングホリデー等で長期滞在していた人には、「無犯罪証明書」と共に、交通違反に関する「無違反証明書」の追加提出の指示が出る場合があります。依頼されると、こちらは運転をしていた・いないに関わらず、書類を取得して提出をしなくてはいけません。

申請の流れ

申請のタイミング

出発前に確実に申請手続が完了するように、なるべく早く申請することをお勧めします。

※申請許可証は発行から1年間有効なので(発効日から1年以内に入国して、入国日より1年間滞在可能)、早めに申請をしても問題はありません。

ビザ取得までの日数

※正式には、申請で発行されるのは許可書となります。(ビザへの引き換え券とお考えください)

通常、申請から許可証発行まで8週間以内とされています。ただし、申請が多い時期や、追加書類指示が出た場合、健康診断が必要な場合は、さらに長くかかる場合があります。

取得されたビザの許可内容

  • 最長1年の滞在許可(有効期間内は出入りが自由)

  • 語学スクール等への通学がは6ヶ月まで可能

  • アルバイト等の就労許可(特に期間制限はなし)

ビザ申請代行費用に含まれるもの

  • 専任スタッフによるワーキングホリデービザの申請サポート及び書類作成・提出代行

  • 健康診断が必要な際の指定病院案内などのアドバイス

  • 海外留学保険加入のアドバイス、加入手続きサポート

  • カナダ留学、格安航空券、ビザの使い方に関するアドバイス

  • 語学スクール手配代行(追加費用無し)

  • 大使館、移民局など関係機関への質問代行

カナダワーホリビザQ&Aコーナー

カナダビザ申請でよくある質問

  • カナダのワーキングホリデービザ申請はややこしくて時間がかかると聞きました。 自分でも申請できるものでしょうか?

    ビザ申請は個人でも申請は認められています。
    ただ、カナダワーキングホリデービザはかなりややこしい申請方法となっています。
    申請手順や、申内容が間違っていた場合は、却下になる事もございます。
    ご自身で申請された後に弊社へご相談頂いても、修正できないケースがございますので、不安のある方は最初からプロにお任せ頂いたほうがよろしいと思います。

  • 申込すればすぐにビザが取れますか?

    現在カナダの申請方法では、お申込後すぐに審査結果が分かるものではございません。
    登録→ invitation letter/招待状 発行→申請→審査となりますので、余裕を持ってお申込ください。
    カナダの発表では、申請後最長8週間で審査結果が出るとの案内されています。

  • 申請は抽選と聞いたのですが本当ですか?

    抽選ではなく、所定の待機者リストに登録をすると、その中から定期的にある一定数の方に「invitation letter(招待状)」 が発行されます。invitation letter(招待状) が届いた方から次の申請に進むことが出来ます。

  • 追加で書類を提出しなければいけない場合、対応してもらえますか?

    追加書類の種類にもよりますが、海外の無犯罪証明書など書類の取り寄せのお手伝も可能な場合がありますので、ご相談下さい。

  • 自分で手続きを途中までしたのですが、自分で作ったアカウントのID等を忘れたのですがどうしたらいいですか?

    弊社で引き継げる場合もございますので、一度お問合せ下さい

  • 招待状が届いたのですが見忘れて期限が切れたのはどうしたらいいですか?

    待機者の登録からやり直しになります。そこからの代行サポートも可能です。IDやパスワードの管理が重要となります。

  • 31才の誕生日まで、あと1ヶ月しかありません。間に合いますか?

    31歳のお誕生日が来る前に、invitation letter(招待状) が届けば申請可能ですが、invitation letter(招待状) が届く前に31歳のお誕生日を迎えた場合は申請ができません。
    invitation letter(招待状) がいつ発行されるのか分かりませんので、少しでもお早めにお申込下さい。

  • 日本以外の国からでも申請出来ますか?

    はい、日本国籍の方でしたら申請可能です。

  • 先にカナダに観光で入って切り換えることは出来ますか?

    可能です。ですが、審査が終わり許可書が発行されている場合での渡航では、入国審査時に理由を聞かれる可能性があります。

  • カナダは海外保険に入っていかないといけないのでしょうか?

    滞在期間をカバーする適正な医療保険に加入することが申請の条件にもなっています。保険へ加入して渡航するよう通達が出ておりますので、弊社では保険に加入しての渡航をお願いしております。

  • 他国のワーキングホリデービザを取得したことがあります。 カナダのワーキングホリデービザを取得する上で、問題はありますか?

    カナダ以外の国のワーキングホリデービザでしたら、問題ございませんが、申請後に追加書類を要請される場合があります。その場合は弊社で書類をご準備させて頂くこともできますので、ご安心下さい。

  • 往復の航空券が必要ですか?航空券の手配はしてもらえますか?

    ワーキングホリデーの場合は片道の航空券で入国できます。
    航空券のお見積もりも承りますので、ご相談下さい。

  • ワーホリにもeTAは必要ですか?

    ワーキングホリデー申請時に一緒に申請ができます。 許可が出た方には自動的に付与されています。

  • 英語の履歴書の書き方がわかりません。教えてもらえますか?

    弊社のスタッフが履歴書を作成致します。ご安心下さい。

  • その他の質問はこちら

ビザ申請.COMのビザ申請代行について

当社では手間がかかり心配なビザ申請を格安にて代行しております。個人申請によるトラブルなども報告されていますので、留学会社運営による「安心の実績」と「低価格の節約料金」の当社にお任せ下さい。

※ビザ申請代行を申込みする前に質問・疑問がある方は「質問フォーム」よりお問い合わせください。基本的にお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。

下記の「申請代行申込み」ボタンより申し込み後、担当よりご連絡をさせていただきます。

  • ワーキングホリデービザ申請代行申し込み

  • 語学スクール無料手配サービス

注意1:記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報記載に努めておりますが、急な発表・変更に伴い記載に誤差が出てしまう場合もございますのでご理解下さい。

注意2:国、ビザの種類により、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ