最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

ワーキングホリデービザ

オーストラリアワーキングホリデービザ申請代行

条件が揃えば最短3日以内でビザ取得可能!

 

■セカンドワーキングホリデービザの申請代行は、「条件を満たしている方」「必要書類が揃っている方」のみ受付ておりますので、まずは申込み資格があるかを必ずお問い合わせ下さい。
■在日韓国人の方の申請代行も可能です

 

※重要なご案内

「ビザ申請が来年より35歳まで可能」という提案が発表されましたが、現在はあくまでも予定であり確定ではありません。よって31歳以上の方は間違ってビザ代行サポートにお申込みをされないようにお気を付けください。

  • ワーキングホリデービザ申請代行申し込み

  • ご質問フォーム

ビザ申請代行費用に含まれるもの

  • 専任スタッフによるワーキングホリデービザの申請代行

  • 健康診断が必要な際の、診断書作成サポート、指定病院予約案内などのアドバイス

  • 海外留学保険加入のアドバイス、加入手続きサポート

  • オーストラリア留学、格安航空券、ビザの使い方に関するアドバイス

  • 大使館、移民局、関係機関への質問代行

オーストラリアワーキングホリデービザ申請について

申請条件

  • 申請日、ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること(日本国外からも申請可能)

  • 過去にワーキングホリデービザを取得し、入国をしていないこと

  • 申請時点で18歳以上、31歳未満であること

  • 有効期限が十分なパスポートを保持していること

  • 滞在費として十分な資金を保有していること(提示は不要)

  • 心身ともに健康な方

  • 2008年10月27日より、扶養する子供がいる場合でも、ワーキングホリデーのビザが申請可能になりました。

※但し、滞在中にお子様がオーストラリアに同行しないことが条件です。その際は通常のオンライン申請は出来なく、手書きの申請用紙を使った郵送での申請となります。この方法での申請は弊社では受付けておりません。大使館へ直接お問い合わせ下さい。

※2005年度11月1日より、ワーキング・ホリデービザでオーストラリアに滞在中、3ヵ月以上オーストラリア政府に指定された地方地域で「農業・漁業・林業・畜産業、鉱山労働や建設労働など」に従事した人であれば、2度目のワーキング・ホリデービザを申請することができるようになりました。

募集人数と時期

■人数:定員制限なし

■時期:随時申請可能

申請に必要なもの

  • 申請料金440オーストラリアドル(大使館指定レートで円換算)

  • パスポート(滞在期間中有効なもの。最低でも6ヶ月以上)

  • クレジットカード(申請料金がオンライン決済のため。自分の名義でなくても可能)

申請の流れ

「申請条件」と「申請に必要なもの」を確認し、ページ内にある「ワーキングホリデービザ申請代行申込み」ボタンをクリックし、専用フォームよりお申し込みください。

弊社より「申込み完了メール」が登録いただいたアドレスに自動送信されます。

ご選択された申込みプラン、利用料金の支払い方法などを記載してありますので、内容にお間違いがないかご確認ください。

 

お申込みプランの代行費用をお支払いいただきます。銀行振込を選択された方はメールに記載されている指定口座にお振込みください。クレジットカード支払いの方は専用画面で決済ください。お支払いの確認が出来た方からのサポート開始となりますので、お早めに手続きください。

※通常料金に「渡航間際のお急ぎオプション」「国外申請オプション」等の追加費用が必要な場合がございます。ご不明な点は、0120-956-602までお問い合わせください。

日本語で作成されたオンライン質問フォームをメールにてご案内します。
必要事項をすべて入力し、送信してください。

質問フォームのご回答が届き次第、専任スタッフが確認します。原則、お送りいただいた回答データをコピー&ペーストで入力します。地名や固有名詞、番号関係の間違いなどは発見できませんので、お送りいただく前にご自身で再度ご確認ください。ビザ申請を開始します。

ビザ申請代金がお客様指定のクレジットカードより決済されます。(決済・引き落とし時期に関しましては指定のクレジットカード会社によって異なります。)

オンライン申請がここで完了をします。申請内容によっては、ここから健康診断の指示が大使館よりありますので、大使館指定病院での受診が必要となります。

無事に申請が許可されますと、大使館よりビザ取得の連絡メールが弊社に届きますので、直ぐにご連絡を差し上げます。

海外留学保険、航空券、渡航準備などのアドバイス、手配をサポートします。語学スクールの手配も無料でサポート可能です。

ビザを持参してオーストラリアへ渡航!

ビザ取得までの日数

最短3日以内~最長4週間(健康診断が必要になった場合などに時間がかかります)
※あくまでも大使館・移民局発表の基本ですので異なる場合があり

取得されたビザの許可内容

  • 取得日より1年間入国までの猶予期間があり、入国日より1年間滞在可能

  • 入国後、有効期間内は出入りが自由

  • 現地での就学は4ヶ月以内、同一箇所での就労は6ヶ月以内となっております。

オーストラリアワーホリビザQ&Aコーナー

オーストラリアビザ申請でよくある質問

  • 渡航予定日のどれくらい前に申請すればいいですか?

    許可が下りてから1年間有効なビザですので、確実に1年以内に渡航されることがお決まりなのでしたら、すぐ申請してしまっても構いません。

  • 31才の誕生日まで、あと1ヶ月しかありません。間に合いますか?

    お誕生日がくる前に、ビザを取得する必要があります。
    健康診断の要請が来ることもございますので、至急弊社へお申込み頂きビザ申請を完了する必要がございます。

  • 自分で申請することはできますか?

    申請書は全て英語のみになりますので、内容を全て理解し、回答できる方は申請可能です。
    ただ、ご自身で申請されて、大使館のメールが理解出来なかったり、実際に却下になってしまったりする方もいらっしゃいますので、ご不安な方はぜひ弊社にお任せください。

  • ImmiAccountってなんですか?

    オーストラリアのビザを申請するのに必要なアカウントです。まずはこのアカウントを作成することで、ビザの申請をすることができます。

  • 自分でアカウントを作りましたがID、パスワードが分からなくってしまいました。

    作業の進展状況にもよりますので、まずは質問フォームから現状をお知らせください。

  • 自分で申請したけど、何も連絡が来ません。引き継いでもらえますか?

    申請の仕方、状況によりますので、まずは質問フォームから現状をお知らせください。

  • 健康診断はどんな人に要請されますか?

    オンライン申請をした後に指示があった方のみです。いくつかの基準に該当をすると必要と判断され指示が出る仕組みになっています。

  • 健康診断はどこの病院でも受けられますか?

    大使館指定の病院になります。日本は東京、大阪、兵庫、北海道、福岡のみです。
    詳細は下記URLをご確認ください。
    http://www.border.gov.au/Lega/Lega/Help/Location/japan

  • 他国のワーキングホリデービザを取得したことがあります。 オーストラリアのワーキングホリデービザを取得する上で、問題はありますか?

    オーストラリア以外の国のワーキングホリデービザでしたら、問題ございませんが

    その国によっては健康診断の要請がくることもございます。

  • 2度目(セカンド)ワーキングホリデービザ申請もお願いできますか?

    お持ちの書類によってお引き受けできる場合と出来ない場合がありますので、まずは質問フォームから現状をお知らせ下さい。

  • セカンドビザはどうやったら取れますか?

    一度目のワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中に、3ヶ月以上オーストラリア政府の指定地域にて定めた労働をし、その証明書(Form1263)を取得すれば申請することが出来ます。

  • セカンドビザも31歳になる前じゃなきゃ取得できないのですか?

    はい。1度目の申請と同様に、31歳になるお誕生日前に申請をする必要があります。

  • 申請してからどのくらいの期間で、ビザが取得できますか?

    長期の海外渡航歴、犯罪歴等がなければ、申請から1週間ほどで取得できますが
    まれに健康診断の要請がくることもございますので、余裕をもったお申し込みをお願い致します。

  • 現地での仕事は探してもらえるのですか?

    できません。学校などのご案内はできますが、お仕事のご紹介はやっておりません。

  • 現在日本国外にいます。申請は可能ですか?

    オーストラリア国外であれば申請可能です。しかし、場合によっては健康診断が必要になることもございますので、まずは一度お問い合わせくださいませ。

  • ビザナンバーがどれだかわかりません。

    ビザナンバー=Visa Grant Numberで、13ケタの数字です。

  • ビザはまだ取得できていないのですが、航空券を買っても大丈夫ですか?

    健康診断等で審査が長引く可能性もあるため、ビザ取得前の航空券の購入はおすすめしておりません。

  • 片道航空券の渡航で問題ないでしょうか?

    最長1年間という長い滞在ですので、片道チケットでも入国には問題ありません。

  • ビザを取得したのですが、予定日に出発できなくなりました。どうしたらよいですか?

    ビザ取得日から1年間入国までのが有効期限がありますので、申請時に記載した入国日から遅れても、有効期限までにオーストラリアへ入国すれば問題ありません。

  • その他の質問はこちら

オーストラリアビザ申請代行について

ビザ申請.COMでは、大使館・移民局への面倒な申請手続きを低価格にて代行サポートしております。
申請は基本的に英語で行い、大使館・移民局は個々の質問にはあまり回答をしてくれません。
よって、個人で無理をして申請し、途中行き詰まりトラブルになった方からの相談もよくいただきます。
ビザ申請は留学実現に最も重要な手続きであり、難関です。ご自身で無理をなさらずに「10年の安心実績」と「ビザだけ依頼可能で費用節約」のビザ 申請.COMにお任せください。
※ビザ申請代行の利用について、質問・疑問のある方はお気軽に「質問フォーム」よりお問い合わせください。

  • ワーキングホリデービザ申請代行申し込み

  • 語学スクール無料手配サービス

注意1:記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報記載に努めておりますが、急な発表・変更に伴い記載に誤差が出てしまう場合もございますのでご理解下さい。

注意2:国、ビザの種類により、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ