最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

学生ビザ

アメリカワーキングホリデービザ申請代行

サポート歴15年以上の経験と知識を活かして安心・最短取得!

オリジナル英文エッセイ作成(サポートに含む)でビザ取得確率UP!

日本全国・海外(一時帰国での申請)から利用可能なシステム完備!

 

■週18時間以上のコースに参加する場合は学生ビザ(F-1ビザ・M-1ビザ)が必要です。

 

※入学手続きが途中の方で、I-20がまだ手元にない状態でのご利用も可能です。

必要書類の準備や申請書作成を先に進められ、希望出発日に向けよりスムーズなビザ申請が可能です。

ビザ申請代行サポートはこんな時にお勧め

  • 出発予定日まで1ヶ月を切ってしまい、時間がなく焦っている・・

  • 途中まで自分で申請書を作成していたが、間違っていないか不安になった・・

  • ビザ取得には面接があると聞いて、どんなことを聞かれるかとても心配・・

  • 自分でビザ申請をしてみたけど、却下になりどうしていいか分からない・・

  • 今現在は日本国外にいて一時帰国の短期間で取得したい・・

  • 家族も一緒にF-2ビザの申請が必要だけど、噂に家族申請は難しいと聞いて不安・・

  • 過去にアメリカ学生ビザを取得したことがあり、2度目以降は難しいと聞いて・・

  • ご質問フォーム

■下記のケースも対応可能

●交流訪問者J-1ビザの申請代行(DS-2019の取得が必要)
●同行家族(配偶者・お子様)のビザ(F-2、M-2、J-2)申請代行

●未成年(+5千円)、外国籍(+1万円)の方の申請代行

●ビザ申請を却下された方の再申請代行(+1万円。却下理由によりお断りする場合もあり)

こんなことも、ビザ申請代行サポートには含まれているので安心

大使館へのビザ申請費お支払いのための、ユーザーアカウント開設・登録設定の代行

⇒新規登録(過去に作成したアカウントの再設定も可能)から設定まで全て行います。

SEVIS費用の支払いと登録代行

⇒専用英語サイトでの情報登録から費用の支払いまでを全て代行します。

英文エッセイ・未成年のためのご両親同意書等の補足資料の作成サポート

担当スタッフが個々の状況に合わせた文章構成から添削までをサポートします。

DS-160申請書に添付する、デジタル写真の加工とオンライン登録設定

⇒大使館指定規定サイズの案内から写真加工・登録までを代行します。

【お得!】ご希望の語学スクール手続き代行が無料

⇒ビザ代行サポート利用の方には、無料で入学手続き代行を致します。
スクールに支払う授業料等はまったく変わりません。(スクールからの請求書をそのままお渡し)
英文の入学申込書作成から海外送金、そしてビザ申請に必要なI-20を最短で取得可能です。

ビザ申請代行費用に含まれるもの

アメリカ学生ビザ申請代行とその他申請書類作成に関するサポート内容
  • DS-160オンライン申請書の作成代行

  • SEVIS費用の支払いと情報登録代行

  • ビザ申請費の支払いと情報登録代行

  • ビザ申請用写真の撮影アドバイス&加工

  • 面接日の予約手続き代行

  • 個々の申請状況に応じた面接対策のアドバイス

  • 必要書類のご案内と適正形式のアドバイス

  • 無料での語学スクール入学手続き代行

アメリカ学生ビザ規定・規約、ビザ取得方法に関するアドバイス

「ビザの有効期限やいつから入国が可能か?」「延長や更新はどうすればいいか?」「ビザを長めに取得するにはどうすればいいか?」「渡航回数が多かったり、年齢が高いがどうすればいいか?」などなど、ビザに関する相談は無制限で可能です。

英文翻訳サポート(別途有料)

「戸籍謄本」や「納税証明書」などの日本語書類の英文翻訳が必要な場合は、サポート費用とは別に有料となりますが対応可能です。ビザ申請において信用度の上がる翻訳証明書もお付け致します。

代行サポートをご利用の方には特別割引価格で翻訳サポートを致します。最短で当日仕上げも可能です。

英文補足資料の作成(無料)

「ご両親の同意書」や「留学資金の出資同意書」などの補足書類が必要な場合の作成サポート

アメリカ入国・出国についてのアドバイス

入国の注意、他国からの入国、一時帰国で可能な滞在期間などについてのアドバイス

海外留学保険についてのアドバイスと加入手続きサポート

取扱いライセンスを持っておりますので、お客様の留学状況に合った最適なプランのご提案

格安航空券の検索サポート

格安航空券取扱い旅行会社と提携をしていますので、航空券のお探し・見積もりのサポート

アメリカ学生ビザ申請について

申請条件

  • 有効期限が十分にあるパスポートを所持している

  • 留学予定スクールからI-20を取得している
    ■アメリカ移民局から認可を受けた学校に通う学生
    ■週18時間以上の授業コースを受ける学生

  • 授業料や生活費を含め、滞在期間をカバーする十分な資金を保持していること

申請に必要なもの

パスポート

滞在期間をカバーする有効なパスポートおよび過去10年間に発行された古いパスポート
※古いパスポートを破棄してしまった場合は無くても申請可能

オンライン入力式ビザDS-160申請書

オンライン申請書に電子署名の完了した確認書

カラー写真

5cm x 5cmで背景は白、最近6ヶ月以内に撮影のカラー写真1枚(眼鏡不可)

写真サイズ詳細 ⇒ こちらをクリック

アメリカ学生ビザ申請料金160ドル

クレジットカード決済もしくは振込にて日本円(大使館指定レートで円換算)で支払い

I-901 SEVIS費支払い確認書

ビザ申請費用とは別に支払いが必要:F-1・M-1ビザ/350ドル、J-1ビザ/200ドル

I-20もしくはDS-2019

留学先スクールから発行される入学許可書

I-20(F、Mビザの方が対象) ⇒ 見本はこちらをクリック!

DS-2019(Jビザの方が対象) ⇒ 見本はこちらをクリック!

面接予約の確認書

大使館・領事館での面接日を専用サイトで予約後に発行される確認書

英文の財政証明書(英文以外は翻訳が必要)

預金口座のある金融機関で英文残高証明書を発行
※他者(両親等)から金銭的な支援を受ける場合は、支援者との関係の証明(戸籍謄本・妙本など)、

支援者の直近納税証明書、支援者の預金通帳原本を持参(任意)、が補足書類として推奨されています。

申請状況に応じた英文補足書類

両親の留学同意書、留学志望理由エッセイ、在籍証明書または復職証明書など

婚姻・家族関係の証明(該当者のみ)

戸籍抄本、婚姻・離婚証明等(こちらは状況に応じて準備します)

外国籍の方

米国滞在期間+6ヶ月の有効期間のあるパスポート / 外国人登録証と在留カードの両面コピー

裁判記録または警察証明

過去に逮捕歴、犯罪(違反)歴のある方のみ必要

クリアファイル

全ての必要書類をひとまとめにして提出するために必要

申請の流れ

「申請条件」や「申請に必要なもの」等の詳細を確認をしていただき、ページ内にある「学生ビザ申請代行申込み」ボタンをクリックしお申込みフォームを入力ください。

ビザ申請.COMより「申込完了メール」が登録いただいたアドレスに届きます。
ご選択いただいた申込みプラン、利用料金の支払い方法などを記載しておりますので、内容にお間違いがないかご確認ください。

お申込みプランの代行費用をお支払いいただきます。銀行振込を選択された方は、案内メールに記載されている指定口座にお振込みください。クレジットカード支払いの方は専用画面で決済ください。お支払いの確認が出来た方からのサポート開始となりますので、お早めに手続きください。

※通常料金に「渡航間際のお急ぎオプション」「未成年オプション」等の追加費用が必要な場合がございます。ご不明な点は、0120-956-602までお問い合わせください。

質問フォームをメールで送りますので、必要事項を入力して送信してください。そのデータを基にオンライン申請書(DS-160)を作成します。この際に証明写真のオンライン登録も必要となりますので、申請規定に適したお写真を郵送またはメール添付でご提出いただきます。

ビザ申請費の支払いと、面接予約の為のユーザー登録をします。ビザ申請費の支払い手続きが完了すると、面接日の予約が可能となりますので、事前にお伺いしたご希望の日時で予約をします。また、SEVIS費用の登録と支払いがまだの場合は、こちらも弊社で代行可能ですので同時進行で済ませます。

面接の予約日に合わせて、DS-160確認書、面接予約確認書、SEVIS登録確認書などの必要書類を完成させ、必要書類のチェック表や大使館・領事館までの詳しい地図等も含めた一式をご自宅宛てに送付致します。この間に面接についてのアドバイスも致します。

ご自宅に書類が届きましたら直ぐに内容をご確認ください。その他のご自身でご用意が必要な書類は、面接日前までに余裕を持ってご準備ください。I-20へのサインも忘れずにしておいてください。

面接予約当日には、必要書類を持参して大使館・領事館にて面接を受けます。基本的に面接結果はその場で面接官に言い渡されます。問題がなければ数日後、ビザの添付されたパスポートと提出した書類がご自宅もしくはご指定のご住所に郵送されてきます。

I-20に記載されたコース開始日に対して30日を切ると入国が可能となります。

ビザを持ってアメリカへ渡航!

申請のタイミング

ビザの発行はI-20に記載されたコース開始日に対して4ヶ月を切ると可能です。よって、渡航予定日の2、3ヶ月前に申請準備を始めて、1、2ヶ月前には面接を済ませると余裕を持った申請になるかと思います。

※都合により渡航まで1ヶ月を切っている場合でも、お急ぎ対応によりお引受け可能です。

ビザ取得までの日数

大使館・領事館の場所(東京、大阪、札幌、福岡、沖縄)により異なりますが、ビザは面接日より約1週間前後でパスポートにビザシールとして貼られて郵送で返却されます。早い方は3、4日で返却されます。
※ビザ申請は個人経歴、混雑状況により取得までの期間は異なりますので、あくまでも目安となります。

取得されたビザの許可内容

  • F-1ビザの方は、I-20に記載のコース終了日から60日以内の滞在可能

  • M-1ビザの方は、最長1年間またはI-20に記載のコース終了日から30日以内の滞在可能

  • F-1ビザの方は、各種条件を満たした場合のみ、週20時間まで働くことが可能

  • 有効なI-20に記されている通学期間は、米国への出入りが可能

アメリカ学生ビザQ&Aコーナー

アメリカビザ申請でよくある質問

  • I-20がまだ届いてないですがお願いできますか?

    大丈夫です。その状態の方が他の準備を先に進められ、届いたら直ぐ申請がスムーズに出来ます。取得目途が立ちましたらお申込み可能です。

    スクールからのI-20の望ましい取り寄せ方をアドバイスします。

  • SEVISってなんですか?

    「学生・交流訪問者情報システム」といって、アメリカ学生ビザ申請での現地滞在のために支払いが必要な制度で、料金は$350(2020年10月現在)となります。

    全て英語のサイトで行いますので、当社で代行して登録・支払い可能です。

  • 出発が近いんですが平気ですか?

    ほとんどの方が面接日より1週間以内にビザが取得できているので、数週間前でも対応可能です。ただ、それでも余裕を持った申請を推奨致します。

    当社に優先サービスがございますので、最短での申請準備が可能です。

  • スクールの入学手続きは大変ですか?

    英語のやり取りなので多少難しさもありますが、ビザ代行お申込みの方は、一般的な語学スクールであれば無料手続代行可能です。

    自分でやるよりスムーズで、海外送金費も安く済みます。スクールに支払う費用はまったく変わりませんのでご安心ください。

  • 財政証明のための残高証明書はどれくらいの期間有効ですか?

    3ヶ月以内のものとなっています。

    より新しい方がいいので、面接日より30日以内発行のものを推奨します。

  • 財政証明の金額はどれくらい必要ですか?

    多いに越したことはないですが、学費+$1000~$1200×滞在月数ぐらいが目安です。複数年留学予定の方でも、まずは1年分の証明でよいとされています。

    それぞれの状況に合わせた適正金額がありますが、そちらを個々にアドバイス致します。金額は長くビザを出したり、審査をスムーズにすることに影響します。

  • 写真は自分で撮ったもので平気ですか?

    サイズが細かく決まっているので、出来れば写真店やスピード写真機で取られることを推奨します。

    いただいた時点で不適合の方も多いですが、最低限の基準を満たしていれば、こちらで修正できる場合もございます。

  • 昔のパスポートが無いんですが平気ですか?

    更新の際に破棄したり、紛失した場合は、なくても申請が出来る方法がございます。

    過去のパスポートがない場合の対処法をアドバイス致します。

  • 未成年の申請ですが大丈夫ですか?

    年齢に合わせた申請方法を把握しておりますので、適した準備サポートが可能です。

    審査をスムーズに進めるための、英文同意書などの作成サポートも致します。

  • 東京、大阪以外の申請(面接)も大丈夫ですか?

    北海道、福岡、沖縄での面接予約代行も可能です。

    北海道、福岡での申請は少し方法が違いますが、そちらも問題ございません。

  • 同行する家族のビザも頼めますか?

    多くの案件を扱ってきましたので問題ございません。

    同伴される人数でも対策は変わりますので、適切なアドバイスを致します。

  • 学校が始まるどれ位前に渡米できますか?

    I-20に記載されているコース開始日から30日を切ったら入国可能です。

    許可された30日以内でも、早すぎると疑われるケースもありますので、適正渡航日のアドバイスも可能です。

  • F/Mビザによる米国での滞在可能期間は?

    Fビザ保有者はI-20に記載されている終業日から60日間、Mビザ保有者は1年間、またはI-20に記載されている終業日から30日間のいずれか短い期間となります。

    もし滞在を延長される場合の申請のサポートも可能です。

  • その他の質問はこちら

ビザ申請.COMのアメリカ学生ビザ申請代行について

ビザ申請.COMでは、大使館・移民局への面倒な申請手続きを低価格にて代行サポートしております。
申請は基本的に英語で行い、大使館・移民局は個々の質問にはあまり回答をしてくれません。
よって、個人で無理をして申請し、途中で行き詰まり、トラブルになった方からのご相談もよくいただきます。
ビザ申請は留学実現に最も重要な手続きであり、難関です。よって、ご自身で無理をなさらずに「低価格で豊富な実績と知識を持つプロの申請代行サポート」のビザ申請.COMにお任せください。
※ビザ申請代行のご利用について質問・疑問がございましたら、「質問フォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

  • 語学スクール無料手配サービス

注意1:記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報記載に努めておりますが、急な発表・変更に伴い記載に誤差が出てしまう場合もございますのでご理解下さい。

注意2:国、ビザの種類により、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ