最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

学生ビザ

ニュージーランドワーキングホリデービザ申請代行

ビザが最短取得出来る最新オンライン申請方式を採用!

郵送申請との違いは、パスポート原本を提出する必要がなく、その他にも提出不要になる書類もあり、必要書類の準備の負担が大幅に減ります!

そのため、申請結果が早く出るのがオンライン申請の特徴でありメリットです。

日本全国からのご依頼に対応可能ですので、是非ご利用ください。

 

※ニュージーランドで3ヶ月以上の通学には学生ビザが必要です。3ヶ月未満なら往復航空券と滞在資金を持っていればビザは必要ありません。

  • ご質問フォーム

申請条件

  • 就学期間が3ヶ月を越える場合

  • パスポートの有効期限が滞在期間+3ヶ月以上あること

  • 滞在期間を全てカバーする適正保険に加入していること

  • 授業料・宿泊費・生活費・往復の航空券購入費等の十分な資金があること

ニュージーランド学生ビザ申請について

申請に必要なもの

  • 有効期限が十分なパスポートの必要ページコピー

  • パスポートサイズのカラー写真

  • スクールの発行する基本内容が記された入学許可書

  • 授業料・宿泊費の支払い証明書

  • 資金証明書類(残高証明書、取引明細書など)

  • 犯罪歴証明書(24ヶ月以上滞在予定の方)

  • 健康診断書(INZ1096)
    ※渡航期間が6ヶ月未満の方は不要

  • 18歳未満の方は滞在場所に関する証明書

※日本語の書類は全て翻訳証明書付きの翻訳が必要です。

申請の流れ

「申請条件」や「申請に必要なもの」等の詳細確認をしていただき、ページ内にある「学生ビザ申請代行申込み」ボタンをクリックしお申込みフォームを入力ください。

ビザ申請.COMより「申込完了メール」が登録いただいたアドレスに届きます。
ご選択いただいた申込みプラン、利用料金の支払い方法などを記載しておりますので、内容にお間違いがないかご確認ください。

お申込みプランの代行費用をお支払いいただきます。銀行振込を選択された方は、案内メールに記載されている指定口座にお振込みください。クレジットカード支払いの方は専用画面で決済ください。お支払いの確認が出来た方からのサポート開始となりますので、お早めに手続きください。

※通常料金に「渡航間際のお急ぎオプション」「未成年オプション」等の追加費用が必要な場合がございます。ご不明な点は、0120-956-602までお問い合わせください。

お振込の確認が出来ましたら、オンライン申請用質問フォームと必要書類の案内をメールにてご連絡致します。

大使館指定病院で健康診断のご案内を送りますので、そちらを参考に受診してください。

※滞在が6ヶ月未満の方は不要です。

オンライン申請用の質問フォームの回答と、必要書類のご提出をしていただきます。

必要書類をご提出いただきましたら、専門スタッフがチェックし、問題がなければオンライン申請をします。(不備や質問がある場合は、メール・お電話にてご連絡します。)

オンライン申請が受理されてから約2週間前後でメールにて結果連絡が届きます。場合によっては追加書類の指示などが出ることもあります。

ビザを持参してニュージーランドへ渡航!

ビザ取得までの日数

オンライン申請後から早い時は1週間前後、平均は約2週間前後

※申請内容、追加書類の指示によっては更に時間がかかる場合もあります。

取得されたビザの許可内容

  • ビザの期間は多くの場合は「就学期間+1ヶ月」となります。
    ※授業料が支払われているコース期間が就学期間の基準となります。

  • マルチプルビザのタイプで、期間中の出入国が可能です。
    ※日本への一時帰国、隣国への旅行などが出来ます。

  • 就学のカテゴリーにより、週20時間の就労許可が付く場合もあります。

ビザ申請代行費用に含まれるもの

  • 専任スタッフによるオンライン学生ビザ申請代行

  • 必要書類の作成とチェック

  • 健康診断が必要な場合の指定病院予約方法のアドバイス

  • 海外留学保険についてのアドバイスと加入手続きサポート

  • 格安航空券の探し方・購入方法のアドバイス

  • 大使館・移民局や関係機関への質問代行

Eビザ制度について

Immigration New Zealand (INZ) のEビザシステムは、日本のパスポートをお持ちで、日本国内にてビザを申請され、申請が承認された方が対象となります。

Eビザ発給開始により、ビザ申請が承認された場合も、ビザラベルがパスポートに貼られることはございません。ビザラベルの代わりに、INZがビザの詳細が記載されたレターをEメールにて送ります。

ビザ申請が承認された際は、送られてくるレターを必ず印刷し、パスポートと一緒に渡航の際にお持ちください

ニュージーランドのEビザシステム導入により、従来の滞在資格を確認するためのビザラベルをパスポートに貼ることが不要となっているので、空港でチェックインされる際には、空港職員がパスポートと一緒にEビザレターを確認し、搭乗条件を満たしているかを確認します。

ニュージーランド学生ビザQ&Aコーナー

ニュージーランドビザ申請でよくある質問

  • 健康診断が必要ですか?病院の予約も自分でやるのですか?

    健康診断は6ヶ月以上通学の方のみ必要です。病院のご予約は受診者がすることになっています。
    渡航される期間によって受診して頂く内容が違いますので、病院の予約方法を含めお申し込み後に、詳しくご案内を致します。

  • ビザ申請の時、パスポート原本を送らないといけないのでしょうか?

    弊社はオンライン申請を採用していますので、原本は必要なくコピーで申請可能です。

  • パスポートの有効期間は関係ありますか?

    最低でも就学期間+3ヶ月以上の有効期間のあるパスポートでの申請をします。

  • 財政証明の金額は関係ありますか?

    適正金額が決まっていますので、申請状況を確認し金額のアドバイス致します。
    36週間未満の留学の場合:最低でも$1250×滞在月数
    36週間以上の留学の場合:最低でも$15000×滞在年数

  • 財政証明の提出方法で気を付けることはありますか?

    申請日より遡って1ヵ月以内発行のもの、英文であること、授業料の支払い領収書発行日より後の日付であることなど、これ以外にもいくつか条件があります。これらを満たさずに申請をすると、追加書類の対象になります。

  • 加入する保険には何か条件はありますか?

    大使館が推奨される保険内容や、海外留学に適したものがあります。
    弊社にて多数保険プランをご用意していますので、適した保険のご案内が可能です。

  • 航空券は片道でも大丈夫ですか?

    大丈夫です。ただ、帰りの航空券を購入できることの証明が必要となります。

  • オンライン申請と郵送申請の違いはなんですか?

    必要書類の種類と取得までの期間です。オンライン申請の方が提出書類も少なく、結果が出るのも早いです。
    よって、申請技術があればオンライン申請の方がより適しています。

  • パソコンがなくいてもEビザは受け取れますか?

    携帯でも受取は可能ですが、プリンアウトをしなくてはいけません。
    そちらが難しい方には弊社でプリントアウトをしてお渡しが可能です。

  • 未成年の申請も対応可能でしょうか?

    ニュージーランドの学生ビザは、未成年の申請もオンライン申請は可能です。
    適した手順でサポートをしますのでご安心ください。

  • その他の質問はこちら

ビザ申請.COMのビザ申請代行について

当社では手間がかかり心配なビザ申請を低価格にて代行しております。個人申請によるトラブルなども報告されていますので、留学会社運営による「安心の実績」と「低価格の節約料金」の当社にお任せ下さい。

※ビザ申請代行を申込みする前に質問・疑問がある方は「質問フォーム」よりお問い合わせください。基本的にお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。

下記の「申請代行申込み」ボタンより申し込み後、担当よりご連絡をさせていただきます。

  • 語学スクール無料手配サービス

注意1:記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報記載に努めておりますが、急な発表・変更に伴い記載に誤差が出てしまう場合もございますのでご理解下さい。

注意2:国、ビザの種類により、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ