最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

最新情報

オーストラリアワーホリの年齢引き上げについて

2017.09.13

去年から話題になっては消えのこの話題ですが、実行すらされていませんが、実は法案としては完全に消えたわけではありません。
今年の6月にはimmigrationのサイトで、決定(?)として取り上げられています。

英語の得意な方は以下参照して見てください。
https://www.legislation.gov.au/Details/F2017L00816
(ページ中断のschedule 9になります)

ここには2017.07.01で決まったように書かれています。
それではなぜ実行されないかと言えば、諸説ありますが、国内の様々な団体との調整、相手国との調整などが挙げられています。
簡単に言うと、法案として通ったけど、実行までは調整が必要という感じです。

心待ちにされている方は、希望を捨てずにもう少し待ってみてください。
弊社はHPでも随時、最新情報をUPします。

追伸
日本での実施がしっかり確定になった場合は、以下の大使館サイトの年齢条件が変わります。
ここが変わらないうちは確定していないという証明となります。
http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/subclass417_jp.html

一覧に戻る

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ