最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

最新情報

オーストラリアワーキングホリデービザの改定

2016.10.03

先月末にとても大きな発表がありました。
※あくまでも現時点では適用予定の政府案であり、議会で審議され正式決定となります。

「ワーキングホリデーは30歳」というのが定着していますが、
この度のオーストラリア政府の発表では、2017年1月より35歳までに引き上げを検討しています。
この制度が予定通り施行されれば、ワーキングホリデー全体にとって大きな分岐点となると思います。

その背景には次のようなことがあります。
1、今年の7月より導入を検討をされて見送りになっていた、バックパッカーTAXがありました。
ワーホリ滞在者の就労に対して、税金を32.5%かけようというものでした。とにかく政府は課税を増やしたいのです。
今回の発表で課税率は19%に決まりました。

2、1の政策にワーホリメーカーの就労を期待しているファーム等から多くの反対が出ました。
それでも今回19%課税を導入前提にしたので、渡航者が減少しないための規制に対する緩和といった感じです。

3、2の理由から申請代金も50ドル減額となります。

よって、前向きな引き上げというよりは、お国の事情といった感じかと思います。
(中にはアジア人のワーホリ滞在をよく思っていないネイティブもいます)
それでも実際に導入されれば、31歳の誕生日を迎えてしまい諦めていた方には朗報です。
人生設計も変わると思いますし、他国も検討する可能性もあります。

大きな発表なので今後の動向をしっかり見ましょう。

一覧に戻る

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ