最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

学生ビザ、ワーキングホリデービザの申請代行なら、留学ビザ専門のビザ申請.comにおまかせ!

注意1

記載内容に関しましては、大使館・移民局の最新情報の記載に努めておりますが、急な発表・変更によりに誤差が出てしまう場合もございますので、予めご理解下さい。

注意2

申請国・ビザの種類によっては、未成年、外国籍の方は作業量が増加するため、掲載料金にプラス料金が発生する場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドをはじめ各国のワーキングホリデービザ取得、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、ニュージーランドの学生ビザ取得ならお任せ下さい。

            

                サイトシール

   

ブログ

オーストラリアなまり

2008.04.15

こんにちは。



だいぶ暖かくなってきましたね。



今日はオーストラリアのなまりについて(。・ω・)ノ゙





オーストラリアのなまりで有名なのは…



「エイ」という発音を「ダイ」ということですね。



today=トゥダイ Σ(・ω・ノ)ノ

eight=アイト Σ(・ω・ノ)ノ





などなど

まったく知らない人が現地に行くとちょっと戸惑ってしまいます。





有名な話が…





オーストラリアで



You come to Australia today?(☆゚∀゚)

「オーストラリアには今日来たの?」



という質問でも



発音が違うとこう聞こえてしまうかもしれません。



You come to Australia to die?

「オーストラリアに死にに来たの?」





実際に私もオーストラリアの田舎でステイしたときに

やけに「Die」という縁起でもない言葉を耳にしたな…と思ったことがありました。







オーストラリアはなまってるイメージを持つ方も多いですが

なまっているのは田舎の方が中心で、都会やテレビで使われる英語は標準なのでご心配なく!



では





http://オーストラリアへの留学・ワーホリはICCで.com

一覧に戻る

語学スクール無料手配 ビザ申請代行をご利用の方なら手配料無料

お問い合わせはお気軽に 0120-95-6602 お問い合わせ